スマホ向け表示
学部・学科・専攻

学長挨拶・副学長紹介

氏名 橋本 修
フリガナ(ローマ字) ハシモト シュウ(HASHIMOTO SHU)
職名 学長補佐・保健医療学部教授
学位 医学博士
担当授業科目 看護学科病態学、リハビリテーション学科内科学Ⅰ, Ⅱ
専門分野 呼吸器病学、アレルギー学
現在の研究テーマ 気管支喘息の病態、間質性肺炎の病態
研究内容キーワード Asthma, COPD, Interstitial pneumonia, Airway inflammation
主な著書・学術論文 橋本 修(著者):COPDと喘息の最新の話題.日本内科学会雑誌 2015;104:124-125
橋本 修(著者))閉塞性肺疾患 COPD(薬物療法)呼吸器疾患診療 最新ガイドライン(弦間昭彦 編集).総合医学社,東京,2014;85-89.
Hashimoto S,Ikeuchi H,Murata S,Kitawaki T,Ikeda K,Banerji D(共同著者):Efficacy and safety of indacaterol/glycopyrronium in Japanese patients with COPD:a subgroup analysis from the SHINE study.Int J Chron Obstruct Pulmon Dis,2016Oct 11;11:2543-2551
Hashimoto S,Ikeuchi H,Murata S,Kitawaki T,Ikeda K,Banerji D(共同著者):Efficacy and safety of indacaterol/glycopyrronium in Japanese patients with COPD:a subgroup analysis from the SHINE study.Int J Chron Obstruct Pulmon Dis,2016Oct 11;11:2543-2551
橋本 修,引地麻梨,高橋麻衣,権 寧博(共同著者).:Early life eventからみた喘息とCOPDの発症起源.臨床免疫・アレルギー科,66(5)p470-475,2016.
橋本 修(著者):喘息・COPDオーバーラップ症候群(ACOS).日本医師会雑誌,145(1):148-150.2016.
 橋本 修(著者)喘息とCOPDのオーバーラップ診断と治療の手引き2018. 一般社団法人日本呼吸器学会。メディカルレビュー社 2017年
 Hikichi M, Maruoka S, Hashimoto S(共同著者). Clinical impact of genetic factors in pulmonary disorders and patterns of inheritance. In Clinical relevance of genetic factors in pulmonary disease. Springer. 2017.
Hashimoto S. Hikichi M, Takahashi M(共同著者), Diagnostic Approach for DLI: How is DLI Diagnosed?  In Drug-Induced Lung Injury edited by Hanaoka M, Aoshiba K and Nakamura H. Springer. 2017
 Hikichi M, Hashimoto S, Gon Y(共同著者). Asthma and COPD Overlap, Pathophysiology. Allergol Int. 2018