スマホ向け表示
学生生活

在学生の声

看護学科

3年 奥谷 涼平さん

[写真]

家族が病院に入院したことがあり、そこでいきいきと活躍する看護師という職業に興味を持ちました。「看護援助論」等、看護の授業・演習については仲間達ととても楽しく学んでいます。はじめて病院実習に行ったときの感覚・・・夢に近づいた感じは今でもしっかりと覚えています。学生生活では、ダンスサークルに所属。だんだんと本格的になってきました。これから大学を目指すみなさん、新しい大学ですから、一緒に学びながら、大学を作っていきましょう!

3年 大庭 京さん

[写真]

1年生の時は看護の基礎中の基礎を学ぶ段階でした。覚えることも多く、1つ1つしっかり理解するように心がけました。私は茅ヶ崎にある女子学生寮で生活をしています。寮での生活は、はじめは少し寂しかったですが、同じ寮の友達と一緒に勉強できるのでとても良いです。お休みの日は横浜や湘南辺りのショッピングモールに出かけたりしてゆっくり過ごしています。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3年 渡邉 裕貴さん

[写真]

親戚に理学療法士がおり、仕事の内容・やりがいについて聞いているうちに、リハビリテーションに興味を持ちました。はじめは解剖学や生理学等の勉強に戸惑いもありましたが、体のしくみ等が理解できてくると共に、医療への興味もわいてきて楽しく学んでいます。 どの先生方もとても丁寧に指導してくださるので安心して学びを進めることができています。これからもしっかりと勉強し、患者様の気持ちのわかる理学療法士を目指していきたいと思います。

3年 天野 沙和子さん

[写真]

自分がケガをしてリハビリテーションを受けていた時、私の症状をすぐに理解され、リハビリを進めてくれた理学療法士の方に出会い、「この仕事、すごい」と思い興味を持ちました。それがこの道に進むきっかけになりました。 授業はレポート課題等が多く、予習・復習が大変ですが、夢に向かっての勉強ですから、日々頑張っています。まわりの友達もとても勉強熱心。医療を目指す仲間がたくさんいる大学なので、とても「心やさしい人」ばかりの良い環境です。ぜひ、一緒に学びましょう。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

3年 野口 明日香さん

[写真]

はじめは介護職を目指していましたが、実習先でリハビリテーションの存在を知り、作業療法士という仕事に巡り合いました。学生生活は昼休みや空き時間に友達と話をするのがとても楽しいです。勉強は余裕がなく日々大変ですが、時間の使い方の上手な友達を参考にして、私も試行錯誤しながら勉強しています。新設大学なので私には先輩がいませんが、皆さんが入学したら、私になんでも聞いてください。

3年 畑野 志帆さん

[写真]

高校では運動系部活に所属、体のことを学ぶリハビリテーションに興味を持ちました。理学療法も考えましたが、精神領域もあり、私の好きな絵や工作等の技能系も生かせる作業療法士になりたいと思いました。単科の医療大学なので、学内はとてもアットホーム。先生と学生の距離が近いので、勉強だけでなく、いろいろな相談もできるのがとてもいいと思っています。患者様に寄り添えるような作業療法士を目指していきます!