スマホ向け表示
学生生活

在学生の声

看護学科

2年 髙見 晏花里さん(出身高校:横浜栄高校)

[写真]

日々の勉強は大変ですが、講義の内容が分かれば頭に入ってくるので、日々の講義に集中するようにしています。1年次の病院での実習も楽しく、指導者さんも優しく丁寧に教えてくださいました。 軽音楽サークルとボランティアサークルに入っており、そこで友達も増えました。ボランティアサークルでは大学祭でハンドマッサージの模擬店も出店して、皆さんに喜んでいただき、とても嬉しかったです。

4年 奥谷 涼平さん(出身高校:沼津西高校)

[写真]

家族が病院に入院したことがあり、そこでいきいきと活躍する看護師という職業に興味を持ちました。 看護の授業・演習については仲間達ととても楽しく学んでいます。1年のとき、はじめて病院実習に行ったときの感覚…夢に近づいた感じは今でもしっかりと覚えています。 学生生活面では、ダンスサークルに所属していますが、立ち上げの頃に比べ、だいぶ本格的になってきました。 これから大学を指すみなさん、まだまだ新しい大学ですから、一緒に学びながら、大学を作っていきましょう!

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

2年 原 早峯さん(出身高校:大船高校)

[写真]

少人数なのが、この大学の良いところだと思います。担任制があるので専攻の仲間はみんな友達になれましたし、他学科・専攻にも多く友達ができました。 また、先生の面倒見が良いのも少人数ならではだと思います。勉強で悩んだりしている学生には補講等でフォローしてくださいますし、入学したての頃は、私達の勉強の習慣づくりができるようになるまで自習の指導もしてくださり、本当に助かっています。 尊敬できる先生も友達もたくさんいる中で勉強できているので、とても充実した日々を過ごせています。

3年 新屋敷 大地さん(出身高校:横浜創英高校)

[写真]

中学時代に部活でケガをして入院したときに理学療法士に出会ったのがきっかけで、自分も理学療法士を目指そうと思いました。 勉強は高校までのものとは違い、とても大変です。はじめはレポートも書き方が分からず苦労したこともありました。しかし、先輩から書き方や勉強法を教えてもらったり、友達同士で相談したりしながら乗り越えてきました。友達にも先輩にも恵まれて、大学生活はとても楽しいです。 どんな人にも学びのチャンスはあります。理学療法士になりたい人は、ぜひ湘南医療大学の受験を頑張ってほしいです。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

2年 見目 洋明さん(出身高校:霧が丘高校)

[写真]

はじめは他の医療職を目指していたのですが、オープンキャンパスを巡る中で作業療法を知り、話を聞くうちに作業療法士を目指そうと思うようになりました。 大学の講義は思った以上に専門的で、ついていくのが大変ですが、先生は熱意があって、講義内容だけでなく、普段の勉強方法まで指導してくださいますので、自分も一生懸命頑張ることが出来ています。 生活面では、高校時代より自分で考えた時間の使い方が出来るので充実しています。もちろん、それに伴う大学生としての責任も出てきますが、それも含めて楽しく過ごしています。

2年 蒲谷 沙織さん(出身高校:鎌倉女子大学高等部)

[写真]

1年生のときのはじめての実習で、この大学の関連病院で働く作業療法士の仕事を近くで見たとき、意識が良い意味で変わったのを今も覚えています。大学内での座学にはない良さを感じることができ、湘南医療大学に入って良かったと改めて思いました。 先生達との距離が近く、手厚くフォローしてくださいます。私も色々な場面で先生に助けてもらいながら学んでいます。また、どの先生達も個性的でとても魅力的です。それが学びの内容や学習環境にうまくリンクしているので、とても勉強しやすいと感じています。