スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(看護学科)

氏名 吉田 (原田) 真里子
フリガナ(ローマ字) ヨシダ マリコ (Mariko Yoshida)
職名 教授
学位 博士(看護学)
担当授業科目 成人看護学概論、成人看護方法論Ⅱ(慢性期・ターミナル期)、成人看護方法論Ⅲ(生活調整・生活再構築)、がん看護論、成人看護学実習Ⅱ(慢性期)、チーム医療論、看護研究、統合実習
専門分野 がん看護、緩和ケア
現在の研究テーマ がん患者の家族のQOL
研究内容キーワード QOL、がん看護、緩和ケア
主な著書・学術論文 原著・総説・症例報告
安藤早紀、原田真里子、Michael A Weitzner et al:Caregiver Quality of Life  Index-Cancer(CQOLC)日本語版の信頼性・妥当性の検証、Palliative Care Research 8巻2号:286-292、2013
原田真里子、中村美知子:同種造血幹細胞移植患者における移植前後のQOLの変化、山梨大学看護学会誌 8巻1号:15-22、2009
原田真里子、新田順子、長内志津子 et al:成人看護臨床実習における看護技術の実施・習得状況および今後の課題-慢性期・周手術期の特徴の明確化と学内演習の充実に向けて-、弘前学院大学看護紀要 第4巻:11-24、2009
原田真里子、中村美知子:在宅ターミナルにおける家族介護者のQOLの特徴、秋田大学医学部保健学科紀要 第11巻第2号:111-118、2003
著書(分担)
原田真里子(分担):第2章 研究課題の明確化.臨床実践に役立つ看護研究ガイド、看護の科学社、東京、29-48頁、2013
学会発表
原田真里子、中村美知子:同種造血幹細胞移植患者のQOLに対する医療者の認識.第28回日本がん看護学会学術集会、新潟、2月、2014
眞嶋朋子、水野道代、原田真里子 et al:がんプロフェッショナル養成基盤推進プランにおけるがん看護e-learningについて.第32回日本看護科学学会学術集会(交流集会)、東京、12月、2012
Mariko Harata、Miyoko Kushibiki,Chikako Kudo:Overview of Study and Education of “Relaxation”,“Shiatsu”,and “Massage” in Japan.Nursing History and Leadership in Korea、Seoul、May、2006
原田真里子、中村美知子:施設内と在宅のターミナル患者家族のQOLの比較.第21回日本看護科学学会学術集会、神戸、12月、2001