スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)

氏名 櫻井好美
フリガナ(ローマ字) SAKURAI Yoshimi
職名 准教授
学位 博士(保健医療学)
担当授業科目 基礎運動学 運動機能学 臨床運動学 動作解析学 ウーマンズヘルスケア
専門分野 運動器理学療法 運動解析
現在の研究テーマ 基本動作のバイオメカニクス 障害の男女差
研究内容キーワード 三次元動作分析 関節モーメント
主な著書・学術論文 原著
櫻井好美,石井慎一郎:月経前浮腫に対するエンダモロジーの効果.理学療法技術と研究 39:95-99,2011
櫻井好美,石井慎一郎,前田眞治: 両脚着地動作における膝関節角度の男女差と前十字靭帯損傷.理学療法科学 27:461-464,2012
山本 潤, 前田 眞治, 櫻井好美,他:着衣障害(dressing disablity)の臨床徴候,神経心理学 29:202-211,2013
小暮 英輔, 前田 眞治, 櫻井 好美, 他:手すり把持位置の違いにおける立位両足圧中心 正中位・体幹回旋位での左右脳損傷者の比較.理学療法科学 28:647-652,2013
著書
櫻井好美:人工膝関節全置換術後.(鶴見隆正、辻下守弘編)臨床実習とケーススタディ.医学書院,東京,194-200,2011
櫻井好美,鶴見隆正:筋力増強運動(抵抗・等尺性・等張性・等速性運動含む):(石川 齊,武富由雄 他編)図解理学療法技術ガイド.文光堂,東京,467-475,2014