スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)

氏名 長澤 弘
フリガナ(ローマ字) ナガサワ ヒロシ (Nagasawa Hiroshi)
職名 教授
学位 博士(医学)
担当授業科目 リハビリテーション概論、義肢装具学、等
専門分野 中枢神経系理学療法学、義肢装具学
現在の研究テーマ 虚弱高齢者の体力,パーキンソン病の理学療法
研究内容キーワード 虚弱高齢者、運動療法、体力、パーキンソン病
主な著書・学術論文 著書(分担)
長澤弘(分担):理学療法チェックリスト 第2版,網本和・長澤弘(編),三輪書店,東京,5-11頁,159-174頁,2014
長澤弘(分担):臨床実習フィールドガイド改定第2版.ニューロパチー.石川朗(編),南光堂,東京,160-171頁,2014
長澤弘(分担):実践的なQ&Aによるエビデンスに基づく理学療法.第2版,パーキンソン病,内山靖(編),医歯薬出版出版,東京.88-105頁,2015
長澤弘(分担):神経症候障害学 病態とエビデンスに基づく治療と理学療法.神経理学療法の変遷.内山靖(編),文光堂,東京,5-8頁,2016
論文(分担)
Ikeda Takashi, Junya Aizawa, Hiroshi Nagasawa, et al, Effects and feasibility of exercise therapy combined with branched chain amino acid supplementation on muscle strengthening in frail and pre-frail elderly people requiring long-term care: A crossover trial.Appl. Physiol. Nutr. Metab. 41: 1–8.2017
長澤弘:パーキンソン病の理学療法.日本医事新報,第4532号,97-98頁,2011
学会発表
南條恵悟,長澤弘,他:要支援者・要介護者における生活空間と足部機能との関係.第50回日本理学療法学術大会,2017
Nagasawa Hiroshi, Ikeda Takashi, Gomi Ikuko, Is it effective on physical function improvement combined therapy of branched-chain amino acids (BCAAs) and low intensity exercise in frail and pre-frail elderly people requiring long-term care ? The 14th International Biophilia Rehabilitation Conference.Poland. Oct, 2017