スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)

氏名 下田 栄次
フリガナ(ローマ字) シモダ エイジ(Shimoda Eiji)
職名 助教
学位 修士(保健医療学)
担当授業科目 理学療法特論Ⅰ チーム医療論
専門分野 運動器理学療法、災害理学療法、地域理学療法
現在の研究テーマ 登山教室における予防事業の実践
災害時におけるリハビリテーション支援体制の構築
研究内容キーワード ヘルスプロモーション 障害予防 災害支援 
主な著書・学術論文 原著
下田栄次,松田梓,隆島研吾:「平成28年熊本地震」災害リハビリテーション支援活動報告-公益社団法人神奈川県理学療法士会の取り組みと災害支援体制の構築に向けて-.理学療法-技術と研究- 45:75-82,2017
下田栄次,隆島研吾:県士会(公益法人)の地域・防災システム構築と理学療法・士の役割.PTジャーナル 49:205-212,2015
下田栄次:災害医療・リハビリテーション支援に関する提案-東日本大震災・宮城県災害リハビリテーション支援活動を通して-,理学療法科学 26:1-3,2011
著書(分担)
下田栄次(分担):標準理学療法学 専門分野 日常生活活動学・生活環境学(第5版),災害時における避難所の環境調整.鶴見隆正・隆島研吾(編),医学書院,東京,318-324頁,2017
下田栄次(分担):大規模災害リハビリテーション対応マニュアル 第2版.,災害(専門職)ボランティアの役割と活動.東日本大震災リハビリテーション支援関連10団体「大規模災害リハビリテーション対応マニュアル」作成ワーキンググループ,他編,医歯薬出版,2018
シンポジウム
下田栄次:災害時におけるリハビリテーション支援体制づくり,第14回かながわリハビリテーション・ケアフォーラム,神奈川,2017
下田栄次:地域防災における理学療法士が果たす役割,第31回神奈川県理学療法士学会,神奈川,2014
学会発表
下田栄次,松田梓,澤田敦:神奈川県丹沢山域における秦野市丹沢遭難対策協議会登山者遭難救助隊活動報告,第36回関東甲信越ブロック理学療法学会,2017
Eiji Shimoda,Keisuke Hiruta,Azusa Matsuda:The expected roles of Rehabilitation in Community Based Disaster Prevention.The 12th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine,Japan,Sep,2014
Eiji Shimoda,Keisuke Hiruta,Azusa Matsuda:The expected roles of Physical Therapists in Disaster medical rehabilitation‐The Great East-Japan Earthquake Disaster Rehabilitation Relief Team Report‐.1st Japan-Korea Joint Conference,Japan,Nov,2012