スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)

氏名 竹原 敦
フリガナ(ローマ字) Shun TAKEHARA
職名 准教授
学位  
担当授業科目 作業療法理論,基礎作業学,作業療法評価学概論,老年期作業療法学,日常生活支援論,高次脳障害学など
専門分野 老年期作業療法,認知症の人に対する作業療法,作業療法理論
現在の研究テーマ 役割理論に基づく作業療法モデルの構築,認知症及び高齢者に対する作業療法効果の検討
研究内容キーワード 理論,モデル,高齢者,認知症,人間作業モデル(MOHO),役割チェックリスト
主な著書・学術論文 【著書】
1.日本作業療法士協会(監修),村田和香(編集):作業療法学全書 改訂第3版 第7巻 作業治療学4 老年期,協同医書出版,2008.(共著)
2.Kielhofner,G(山田孝・監訳):人間作業モデル―理論と応用― 改訂第4版,協同医書出版,2012.(分担訳)
3.宮口英樹(監修),小川真寛・西田征治・内田達二(編集):認知症をもつ人への作業療法アプローチ―視点・プロセス・理論―,メジカルレビュー社,2014.(共著)
4.Kielhofner,G(山田孝・監訳,石井良和・竹原敦・野藤弘幸・村田和香・訳):作業療法実践の理論 原著第4版,医学書院,2014.(分担訳)
5.Scaffa,E., Reitz, S. : Occupational Therapy in Community-Based Practice Settings. Second Edition. FA Davis Company, philadelphia,PA. 2014.(共著)
6.小川敬之・竹田徳則(編集):認知症の作業療法―ソーシャルインクルージョンをめざして―第2版,医歯薬出版,2016.(共著)
7.山田孝(監修),小林法一・竹原敦・鎌田樹寛(編集):クリニカル作業療法シリーズ 高齢期領域の作業療法 第2版―プログラム立案のポイント―,中央法規出版,2016.(編集,共著)
【論文】
8.竹原敦:作業療法疾患別ガイドライン-認知症-,作業療法37:.3-11,2018.
9.竹原敦,繁田雅弘,山田孝:地域高齢者の役割変化の性差による特性―役割チェックリストを用いて―,日本作業行動研究20:32-38,2016.
10.竹原敦:作業療法モデルに基づく認知症の人がうまく生活するためのアプローチ(繁田雅弘・竹原敦・編:認知症予防とリハビリテーション最前線),Medical Rehabilitation206:1-8,2017.