スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)

氏名 田邉 浩文
フリガナ(ローマ字) タナベヒロフミ(HIROFUMI TANABE)
職名 教授
学位 博士(保健学)
担当授業科目 作業療法評価学概論,日常生活支援論Ⅰ,作業療法評価学Ⅰ,作業分析学,研究法
専門分野 身体障害領域
現在の研究テーマ 脳血管疾患重度片麻痺の機能回復リハビリテーション,
ニューロリハビリテーション支援ロボット開発
研究内容キーワード 脳血管疾患,機能回復,ロボット
主な著書・学術論文 Hirofumi T, Toru N, Rumi T. Application of Constraint-induced Movement Therapy for People with Severe Chronic Plegic Hand. Asian Journal of Occupational Therapy:7-12,2011.
Hirofumi T. An introduction of the finger extension splint that used shape-memory alloy – Inspection of an application effect of Constraint-induced Movement Therapy with Severe Chronic Plegic hand. Shape Memory Alloys Symposium:12-13,2012.
田邉浩文, 高木芳明, 青木嘉隆, 森田良文.リハビリルネッサンス研究会」による産官学連携のリハビリテーション機器開発 ―医療従事者ニーズを優先した医工連携―. 作業療法:171-176,2013.
田邉浩文,長尾徹,種村留美.慢性重度麻痺手に対するConstraint-induced Movement Therapyの適用効果:独立検査者によるランダム化比較試験. 作業療法ジャーナル48(4): 347-351,2014. 
Hirofumi Tanabe:Self-training support system with biofeedback of load balance ratio for standing-up training of a patient with hemiplegic after stroke、34th Chinese Control Conference and SICE Annual Conference,2015.
Hirofumi Tanabe:Clinical Evaluation of UR-System 2 for Recovery of Motor   Function of Plegic Upper Limb after Stroke、ICAROB 2016 - International Conference on Artificial Life and Robotics、Okinawa, 2016.
田邉浩文:脳卒中片麻痺患者の上肢機能回復のための訓練ロボット,技術情報協会誌6章7節:462,2015.
山路崇仁,韓琳,森田良文,田邉浩文,小林幸雄. 脳卒中片麻痺患者の自主起立トレーニングため支援ロボット.第16回計測自動制御学会,2015.
田邉浩文:作業が脳を変化させる.神奈川作業療法研究6(1):3-7,2016.