スマホ向け表示
研究活動・教育活動 紹介

研究活動・教育活動 紹介

子どもたちの健やかな成長を願って

[写真]

私は、食物アレルギーのある子どもとその保護者への支援を目的とした研究を行っています。食物アレルギーの有症率は、乳児期の子どもの5~10%程度であり、鶏卵、乳製品、小麦など身近にある食物が原因で、アナフィラシキーショックを起こす可能性がある疾患です。診断を受けると、原因食物を摂取しないよう日々の食事に配慮が必要となるうえ、他の子どもに提供された給食を誤って食べてしまうなど、子どもの生活全般に影響します。こうした親子への支援には、周囲の理解と協力が欠かせません。

私は現在、大学と認定こども園と連携し、食物アレルギー研修会を開催しています。こども園の先生方に食物アレルギーの知識や技術を獲得して頂く機会を作り、食物アレルギーの子どもの健やかな発達に貢献したいと思っています。

看護学科 弓気田 美香