スマホ向け表示
研究活動・教育活動 紹介

研究活動・教育活動 紹介

子どもの在宅療養を推進していくために

[写真]

私の専門は小児看護学です。小児看護の対象である子どもが生活する場は、家庭であり地域ですが、これまで重い障害や生命を維持するために医療機器が必要な子どもたちは、長期にわたり病院での生活を余儀なくされてきました。しかし、近年、医療モデルから生活モデルへの転換が求められ、子どもの在宅療養も推進されてきていますが、24時間365日の生活を維持していくための支援体制は整っておらず、家族の負担が大きいという実態があります。

私(写真後列中央)は、さまざまな職種と共に約15年前から月1回のレスパイトを行ってきました。小学生のころから参加していたお子さんも、成人式を迎えました。うれしい限りです。この活動から、本当に多くのことを学ばせてもらっています。

今後も、この活動と子どもの在宅療養に関する研究を継続していきたいと考えています。学生ボランティアも大歓迎です。

看護学科 高橋 泉