スマホ向け表示
研究活動・教育活動 紹介

研究活動・教育活動 紹介

「妊孕性」という言葉を 聞いたことがありますか?

[写真]

私の専門は母性看護学とWomen’s Healthです。なかでも不妊治療を受ける女性の看護や、妊孕性(妊娠する能力)の維持に関する教育を研究テーマとしています。

本邦初の体外受精-胚移植による児が誕生して、35年が経ちました。不妊治療は飛躍的に発展し、治療を受ける夫婦は6組に1組の割合と言われています。“妊活”という流行語もうまれましたが、まだまだ不妊治療や妊孕性の正しい知識が普及しているとは言い難いのではないでしょうか。

女性の妊孕性は30歳を超えると衰え始め、37歳を境に急激に低下します。晩婚化・晩産化の現代において今後も不妊症の方が増えることは容易に推察でき、私は妊孕性維持に向けて教育をする必要性を感じてきました。“子どもができない”という現実を前にして初めて不妊を意識するのではなく、20代前半から“不妊を予防する”生活行動を送ることが大切だと思います。女性が子どもをほしいと考えたときに、一人でも多くの女性がその望みを叶えられるように、今後も研究や啓発活動を進めていきたいと考えています。

看護学科 渡邊 知佳子