イベント情報

イベント情報メニュー

8/6オープンキャンパス

薬学部

学科専攻説明
「薬学部 医療薬学科について」 
内容 湘南医療大学 薬学部 医療薬学科の大きな4つの特徴(①臨床一貫型連携教育体制、②臨床系教員と実習病院の連携、③多職種協働によるチーム医療教育、④共同研究実験室「オープンラボ」での研究)を中心に概説します。
担当 定本 清美 教授
時間 9:05~9:20、13:05~13:20
場所 2階 大講義室2 
模擬授業
「どうしてヒトは薬物に魅了されてしまうのか?
-薬理学で紐解く薬物依存-」 
内容

麻薬や覚醒剤は使用が止まらなくなる薬物依存を引き起こすことが知られています。薬理学の観点から、薬物依存を引き起こす薬物を詳解します。また、薬物依存を脳の病ととらえ、依存に陥る脳内メカニズムを解説します。

担当 舩田 正彦 教授
時間 9:50~10:20
場所 2階 大講義室2
模擬授業
「密かに忍び寄る新たな感染症」 
内容 新型コロナウイルス感染症の世界的流行が未だに終息しない状況ですが、新しい感染症が水面下で拡がっていることをご存知でしょうか?その感染症は、何も対策を取らないでいると、現在最も死亡者数の多い「がん」を数十年後に上回ると予想されています。本講義では、過去の感染症とその治療薬の歴史を振り返り、密かに忍び寄る感染症について説明します。
担当 木村 聡一郎 教授
時間 13:50~14:20
場所 2階 大講義室2 
体験コーナー
「臨床系実習室見学・体験」(医療薬学領域)
内容

薬局・病院臨床実習をイメージし、調剤から製剤、服薬指導そして臨床実習人形(フィジコ)を使ったバイタル検査を見学・説明し体験してもらいます。

担当 加藤 裕久 教授、寺島 朝子 准教授
時間 9:50~10:50、13:50~14:50
場所 2階 臨床系実習室
体験コーナー
「3階オープンラボ見学・体験」(基礎薬学系研究室)
内容

薬の設計や合成について解説します。そのうえで、実際に化学実験や漢方薬を見学・体験してもらいます。

担当 栗原 正明 教授、市丸 嘉 講師
時間 9:50~10:50、13:50~14:50
場所 3階オープンラボ
体験コーナー
「4階オープンラボ見学」(医療薬学系研究室)
内容

てんかんやリウマチなどの臨床的・基礎的研究、また、少子高齢化社会の中で、使いやすく飲みやすい剤形や包装の実践研究について解説します。

担当 定本 清美 教授、若山 恵 教授
時間 10:20~11:20、14:20~15:20
場所 4階オープンラボ
体験コーナー
「5階オープンラボ見学」(医療薬学系研究室)
内容

薬物の検出について説明します。薬物検出キットを利用して、薬物の存在を目で見てみましょう。

担当 舩田 正彦 教授、池上 大悟 講師
時間 10:20~11:20、14:20~15:20
場所 5階オープンラボ
体験コーナー
「6階オープンラボ見学」(医療薬学系研究室)
内容

薬物の体内での流れである吸収、分布、代謝、排泄の過程について解説します。
患者さんに有効で安心・安全な薬物治療を提供するための研究をします。基礎研究や副作用データベースなどから薬剤の情報を評価し、薬の有効性を高めたり副作用回避に役立つ因子を探し、治療に役立てる研究を解説します。

担当 加賀谷 肇 教授、佐野 和美 准教授
時間 10:20~11:20 14:20~15:20
場所 6階オープンラボ

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

学科専攻説明・模擬授業
オリンピックと理学療法 ~スポーツ現場に求められる理学療法士とは~
内容 近年、スポーツ現場では多くの理学療法士が活躍しています。
オリンピック・パラリンピックでも同様であり、理学療法士の活躍が称賛されました。それではどのような理学療法士が現場で求められているのでしょうか? 経験をもとに、スポーツ現場に求められる理学療法士についてご紹介します。
担当 中尾 陽光 准教授
時間 9:30~10:30、13:00~14:00
場所 3階 義肢装具室
体験コーナー
「 実習室見学 」杖や歩行器を使ってみよう 骨折後のリハビリ体験
内容 理学療法で使用する様々な評価や検査測定に関する機器や福祉用具、義肢装具を展示しています。実技等の演習科目の内容を説明します。
担当 中村 壽志 講師
時間 9:30~11:30 、13:00~15:00
場所 3階 理学療法実習室

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

学科専攻説明・体験型講義
「魅力ある作業療法セラピスト(士)を目指して」
(精神障害分野・発達障害分野)
内容 「魅力あるセラピストを目指して」~湘南医療大学での学び~
本学作業療法学専攻の学びの特徴 作業療法士の魅力伝えます!
体験型講義:「こころの病気」に対応する精神障害作業療法・発達障害作業療法を紹介します。
本学作業療法学専攻の学びの特徴 作業療法士の魅力伝えます!
担当 鶴見 隆彦 専攻長
時間 10:00~10:25、14:00~14:25
場所 5階 講義室5
体験コーナー
「心と身体の状態を評価する体験をしてみよう!」(身体障害作業療法学分野)
内容 関節角度・筋力・感覚などの身体機能、知能・行為・認知などの脳機能を評価する各種測定器具を紹介します。
担当 増田 雄亮 講師
時間 10:25〜12:00、14:25〜16:00
場所 5階 作業療法実習室Ⅰ・Ⅱ、評価実習室
体験コーナー
「遊具を使った子どもに対する作業療法を体験してみよう!」
(発達障害作業療法学分野)
内容 ブランコや遊具などで実際に体を動かし,頭と体を使う体験から作業療法と遊びの世界をのぞいてみませんか
担当 須鎌 康介 講師
時間 10:25〜12:00、14:25〜16:00
場所 3階 発達・高次脳機能障害実習室
体験コーナー
「生活の障害を助ける道具を体験してみよう!」
(身体障害・高齢期障害作業療法学分野)
内容 体に障害があると生活の行為が思うように行えなくなります。そした状況を助けてくれる道具たちがあります。ぜひ体験してみてください。
担当 西野 希子 講師
時間 10:25〜12:00、14:25〜16:00
場所 5階 日常生活活動実習室

看護学科 東戸塚キャンパス

学科専攻説明・模擬授業
「生き生きと看護師として働くために」(基礎看護)
内容 看護師の仕事は診療の補助、患者の生活の援助を中心に広範囲にわたります。患者に適切なケアを実践するためには、看護師自身が健康でなければなりません。看護師が健康的に働くためのポイントについてわかりやすく解説します。
担当 羽生 貞親 教授
時間 9:45〜10:25、13:45~14:25
場所 7階講義室
体験コーナー
「実践!! 心肺蘇生法」(成人看護)
内容 シミュレータを用いて、心肺蘇生法の実践を行います。
担当 鈴木 秀樹 講師、野口 京子 講師、市川 砂織 助教、鶴見 薫 助教、三堀 いずみ 助教
時間 10:25~12:00、14:45~16:00
場所 7階 臨床看護学実習室1 
体験コーナー
「五感を使って自分の身体の声を確認しよう!!」(基礎看護)
内容 看護学生が学ぶ、脈拍測定、心音の確認などを含めた、身体の声を体験します。
担当 鈴木 秀樹 講師、野口 京子 講師、市川 砂織 助教、鶴見 薫 助教、三堀 いずみ 助教
時間 10:25~12:00、14:45~16:00
場所 7階 臨床看護学実習室2