スマホ向け表示

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

各種の報道のとおり、中国湖北省武漢市において新型コロナウイルスに関連する肺炎が発生しており、日本を含む中国国外でも感染者が認められるなど、現在も拡大している状況です。

本学学生及び教職員の皆様におかれましては、風邪やインフルエンザへの対策と同様に、手洗い・うがいの励行と咳や発熱等の症状がある場合は、マスクを着用するようお願いします。
(インフルエンザ等感染症罹患・疑い時の対応は、学生便覧「健康管理」の項目を参照願います。)

なお、関係省庁からは、以下の注意喚起が発出されていますので、ご留意ください。

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(依頼)

中華人民共和国湖北省武漢市における肺炎について琶は、当該肺炎の患者の検体から新型コロナウイルスが同定されており、中国当局によって暫定的に当該肺炎の原因と判断されております。

また、外務省により本日、武漢を含む中国湖北省全域が「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に引き上げられたところです(湖北省以外は引き続きレベル1)

新型コロナウイルス関連肺炎に関するWHOや国立感染症研究所のリスク評価によると、現時点では本疾患は、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。風邪やインフルエンザへの対策と同様に、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

ついては、下記関連情報ホームページで最新の情報を確認の上、必要に応じて、新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応に係る情報について、児童生徒、学生、保護者及び教職員等に周知するとともに、安全確保に細心の注意を払っていただくようお願いします。(以下、省略)

○関連情報ホームページ
(新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房HP)

http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

(外務省海外安全HP)

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T014.html#ad-image-0

※一般的な感染症対策については、下記資料の「Ⅱ。学校における感染症への対応」をご参照ください。(学校において予防すべき感染症の解説〔平成30(2018)年3月発行〕)

https://www.gakkohoken.jp/book/ebook/ebook_H290100/index_h5.html#1

【国民の皆様へのメッセージ】

○新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内では人から人への感染は認められるものの、我が国では人から人への持続的感染は認められていません。国民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に医療機関へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診にあっては、滞在歴があることを事前に申し出てください。