スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(看護学科)

氏名 山 田 艶 子
フリガナ(ローマ字) ヤマダ ツヤコ(yamada tsuyako)
職名 助教
学位 教養学士
担当授業科目 生活行動の援助技術,診療に伴う援助技術,ヘルスアセスメント,看護援助論Ⅳ,基礎看護学実習Ⅰ,基礎看護学実習Ⅱ
専門分野 基礎看護学,老年看護学
現在の研究テーマ 認知症看護,転倒骨折予防
研究内容キーワード 転倒骨折予防,認知症看護,高齢者看護
主な著書・学術論文 著書
杉本正子,真船拓子, 山田艶子ほか(編著):在宅看護論−実践をことばに−第6版,第3章特殊な技術をともなう在宅看護.ヌーベルヒロカワ,278-287項,2016  
亀井智子,川村佐和子,長濱あかし,山田艶子: 在宅で医療処置を行うための社会参加のしおり-積極的に外出するために-,国訪問看護事業協会,2005
学術論文
亀井智子,山田艶子,新野直明ほか(分担):都市部在住高齢者における転倒発生場所の現状からみた転倒予防教育プログラムの検討 -東京都中央区2町の調査から)聖路加看護大学紀要(35) 52-60項,2009
亀井智子,梶井文子,山田艶子ほか(分担):都市部に居住する高齢者のための転倒骨折予防アウトリーチプログラムの実践 - 市民主導型介護予防をめざしたプログラム開発と評価 -,聖路加看護大学紀要(33) 74-84項, 2007
梶井文子、亀井智子、山田艶子(分担):介護保険施設における要介護高齢者の脱水予防のための水分摂取に関する援助のあり方に関する研究,大和証券ヘルス財団の助成による研究業績集, 68-73項 ,2007
川上千春,亀井智子,山田艶子ほか(分担):路加看護大学21世紀COEプログラム第6回国際駅伝シンポジウム 認知症になっても安心して暮らせる街づくり - 市民との協働によるシンポジウムの評価 -,聖路加看護大学紀要(33), 103-110 項,2007