スマホ向け表示
情報の公表

学位授与方針

ディプロマ・ポリシー

医療薬学科

薬学部医療薬学科に6年以上在学し、教育理念を実現するために編成された教育課程を 履修して卒業に必要な単位を修得し、以下の資質を身につけた学生に卒業を認定し、「学士(薬学)」の学位を授与する。

(1)社会的責任感と使命感、倫理観を有し、国際社会の発展に貢献できる

  • 医療人として、豊かな人間性と幅広い教養
  • 薬剤師として、人の命と健康な生活を護る高い倫理観、使命感の涵養
  • 国際社会における様々な価値観についての理解と国際社会の発展に貢献できる力

(2)専門的な知識・技術を発揮することができる

  • 高度化した医療に対応し得る薬学の基礎能力を有し、「薬学基礎」、「衛星薬学」、「医療薬学」、「薬学臨床」及び「実務実習」の学修を通じて、臨床応用に繋がる専門的な知識・技術を発揮する能力
  • 正しい診療支援ができる能力

(3)地域の健康についての知識・教養を身につけている

  • 地域の保健・医療・福祉・教養および健康増進、公衆衛生についての知識・教養
  • 超高齢社会における地域での慢性期医療と薬剤師の役割を考える多面的思考力

(4)主体的に考え、他者と協調して行動し、発信することができる

  • ものごとを探求し、客観的に分析する力、様々な情報を体系化して整理する力、それらをわかりやすく表現する力
  • 実務実習の経験を通じた、主体性と多職種やチームで協働できるコミュニケーション力、実践力、課題解決能力

(5)生涯にわたり自主的に学び続けることができる

  • 医療人として自ら新しく学び続けるために必要な、計画性と継続性、及び態度を形成する力