スマホ向け表示
就職情報

卒業生の声

看護学科
2019年卒業 K・Nさん
就職先:湘南東部総合病院

[写真]

大学生活ではサークル長としてサークル活動を行うなど、忙しい中でも楽しい大学生活を過ごせました。主にサークルの活動をしたのは1・2年生の間で、大学祭で発表をするなど楽しかったです。3・4年生になると実習が多くなり大変でした。でも、実習グループのメンバーで助け合い、困ったことがあったらすぐに相談することができたので、乗り越えることが出来ました。

卒業した今でも、そのメンバーと食事に行ったりしています。また、入学してから親身にずっと見守ってくれた先生がいて、実習や勉強面でもよく気にかけてくれました。たくさんの支えに本当に感謝しています。

理学療法学専攻
2019年卒業 K・Aさん
就職先:湘南東部総合病院

[写真]

「ありがとう」という言葉を患者さんから頂くと、理学療法士を目指して良かったと思います。私は在学中、よく実習室に足を運んでいました。実習室には仲間が自然と集ってきて、実技の練習をしたり、勉強を教え合いました。そのおかげで苦手な内容や大変だった勉強も乗り越えることが出来ました。親身になってくれる先生方や楽しい仲間達に出会えて本当によかったと感じています。

大学祭では同じ専攻の仲間はもちろん、他学科・他専攻の学生とも親交を深めることができ、卒業しても相談し合える仲間ができました。勉強はもちろんですが、たくさんの人と関わることも大切だと思います。

作業療法学専攻
2019年卒業 K・Sさん
就職先:ふれあい横浜ホスピタル

[写真]

大学生活ではいろいろな人と関わることが出来て楽しかったです。私は自分の考えに固執してしまうことがありましたが、専門知識を持つ先生方や後輩の学生、オープンキャンパスで受験生の方等と話すことで、自分の視野が広がっていくのがわかりました。また、その経験が職場の人との接し方に役立っていると思います。

これから作業療法士を目指す方には、作業療法士になるというだけでなく「こんな作業療法士になりたい」という気持ちを持って、進学すると良いと思います。患者様に寄り添って「ありがとう」と言ってもらえると、とてもやりがいを感じますよ。