スマホ向け表示
研究活動・教育活動 紹介

研究活動・教育活動 紹介

~一緒に年齢を重ねる~

[写真]

私は、病院勤務の後、訪問看護師の活動を通じて、現在、在宅看護学領域に所属しています。研究活動では、在宅高齢者が地域社会の中で一定の役割を持ちながら、人々と交流しつつ活動的な生活を送ること、社会参加を活発にし、いつまでも元気であることをサポートするヘルスプロモーションを支持したいと思っています。

私がA地区の貯筋教室(体操をして筋力を貯める教室)の活動に関わり始めたのは2005年でした~今年で14年目。この期間の間に、参加者の方で、お亡くなりになられた方、ご病気になられた方、ご主人を亡くされた方と、齢を重ねると避けては通れない出来事がありました。私自身、結婚し、出産し、子育て中と人生のイベントがありました。一緒に喜び、怒り、哀しみ、楽しみを、A地区の貯筋教室の皆様と共有しています。

 「看護は実践の科学」と言われますが、一人の人として、地域在住の高齢者の皆様に関わり、先人の知恵を拝借しながら、私自身、成長していきたいと思います。

看護学科 菊池 有紀