スマホ向け表示
研究活動・教育活動 紹介

研究活動・教育活動 紹介

地域の作業療法士とともに!!

[写真]
[写真]

私は、2019年4月に本学に入職しました。それまでは他の学校で約15年間、教育に携わらせていただきました。この教育経験の中で作業療法の教育には、授業で学ぶ知識と同様に、病院や施設での臨床実習での経験がとても重要であると感じるようになりました。その臨床実習では、実習先の作業療法士や理学療法士などスタッフの皆様からの協力が重要となります。その為、良い臨床実習を実施してもらうためには、教員と実習先のスタッフの関係性が重要であると考えております。その為に、自分の時間があるときには、小さな研修会を開き、地域の作業療法士の皆様と一緒に勉強する機会を作っております。

参加者の中には、実習指導をしてくださる先生だけでなく、卒業生や在校生も参加してくれたりしています。懐かしい顔に出会える機会にもなり、学生の成長した姿を見る機会があることは教員として喜びを感じる瞬間でもあります。今後も、在校生の教育・作業療法についての研究と並行して地域の作業療法士の皆さんと一緒に活動していきたいと思っております。

作業療法学専攻 近藤 昭彦