スマホ向け表示
学部・学科・専攻

リハビリテーション学科[理学療法学専攻]

リハビリテーション医療の中心として活躍する理学療法士に!

学科の特徴

多様化する社会のニーズに柔軟に対応し、地域において問題解決能力と実践力を発揮できる理学療法士を育てます。
  • [Point1]学ぶ内容
主体性を持った個々が協働する「チーム医療」の最前線で活躍できる実践力を!

    「コミュニケーション」、「文化」、「環境」、「人間の本質と尊厳」などの一般教養、「人体の構造と機能及び心身の発達」、「保健医療福祉とリハビリテーションの理念」などの専門基礎知識から、「スポーツ理学療法学」、「ウーマンズヘルスケア」、「リハビリテーション工学」などの高度専門知識まで段階的に学べます。

  • [Point2]実習
グループだからこそできる実習を!

    ふれあいグループが運営している病院、福祉施設、訪問看護センターなどのさまざまな施設で実習を行うことによって、きめ細かな学びの環境が実現します。

  • [Point3]資格
手厚いサポートによる資格取得の実現!

    きめ細やかな対応をめざし、少人数チューター制・担任制を導入しています。教職員が学生一人ひとりに合わせて国家資格取得を手厚くサポートします。

学科の先生からのメッセージ

鶴見隆正学科長 坂上昇専攻長

理学療法士は、からだの構造・機能および疾病に関する知識を基礎として、運動機能に障害のある人々の生活を支援する専門職です。新生児から終末期までの全てのライフステージ・疾患・障害を対象としています。さらに最近は、理学療法の対象は障害をもつ人に限らず、高齢者の運動機能低下予防、生活習慣病の予防、スポーツ分野でのパフォーマンスの向上等、健康な人々へと広がっています。

対象者のニーズに応えるためには、身体機能だけでなく、心の問題や社会的な背景を理解し、対象者やその家族とともに問題解決に向けて努力する姿勢が必要です。

理学療法学専攻では基礎医学と理学療法の専門知識との融合を図り、臨床感を高める演習を効果的に組み合わせたカリキュラムを編成しています。また、対象者の心と生活に寄り添える理学療法士を育成するためにコミュニケーション力を高める教育を実践します。

対象者の喜びを自分の喜びとして社会に貢献したい、そんな学生を歓迎します。

理学療法士に関する参考サイト

公益社団法人日本理学療法士協会-「理学療法とは?」 [外部サイト]

学べる学問

文化人類学 発達心理学 研究法入門 薬理学 解剖学 生理学 運動学 内科学 整形外科学 リハビリテーション概論 終末期医療論 理学療法概論演習 理学療法管理・リスクマネジメント 検査測定学概論 動作分析学 運動療法学 発達系理学療法学 代謝系理学療法科学 チーム医療論 地域理学療法学 総合臨床実習 ほか

取得可能資格

理学療法士国家試験受験資格

想定される進路

ふれあいグループ各施設・病院・診療所・保健所・市区町村・事業所・介護保健施設・社会福祉施設・通所リハビリテーション施設 など

学費について

学費についてはこちらをご覧ください。

大学教員一覧

学科長

専攻長

教員一覧

教授 准教授 講師 助教 助手
鶴見 隆正 斉藤 琴子 大矢 暢久 中村 壽志  
坂上 昇 櫻井 好美 中尾 陽光    
大森 圭貢 森尾 裕志      
小林 和彦        
柴田 昌和        
長澤 弘        

在校生の声

リハビリテーション学科 理学療法学専攻の先輩の声を紹介しています。

こちらをご覧ください。

資料請求はこちら