スマホ向け表示
学部・学科・専攻

看護学科

グローバル社会の健康ニーズに応えられる創造性豊かな看護職に!

学科の特徴

さまざまな環境の人々を理解する豊かなふれあいの心と高度な専門知識を兼ね備えた、地域に貢献できる看護師・保健師を育てます。
  • [Point1]学ぶ内容
主体性を持った個々が協働する「チーム医療」の最前線で活躍できる実践力を!

    「コミュニケーション」、「文化」、「環境」、「人間の本質と尊厳」などの一般教養、そして「人体の構造と機能・ 疾病のなりたちと回復」、「健康支援と社会保障制度」などの専門基礎知識から、「在宅看護」、「異文化看護」、「家族看護」などの高度専門知識まで段階的に学べます。

  • [Point2]実習
グループだからこそできる実習を!

    ふれあいグループが運営している病院、福祉施設、訪問看護ステーションなどのさまざまな施設で実習を行うことによって、きめ細かな学びの環境が実現します。

  • [Point3]資格
手厚いサポートによる資格取得の実現!

    きめ細やかな対応をめざし、少人数チューター制・担任制を導入しています。教職員が学生一人ひとりに合わせて国家資格取得を手厚くサポートします。

学科の先生からのメッセージ

川本利恵子学科長

看護は、人の誕生から死を迎えるまで、生涯において健康でよりよく生きることを支援する活動です。少子高齢社会あるいは医療技術の高度化や疾病構造の変化により、看護専門職者には、看護を必要とする様々なライフステージにある人々に柔軟に対応できる人間性と広範囲にわたる領域で深い知識や看護実践能力が求められています。「看護学」はこれらのことを総合的に学習し身に付ける「実践の科学」です。

本学は、多様な学習機会を設けることで、自ら考え、行動し、社会を切り拓く優れた人材の育成に力を注ぎ、社会の人々の生命、健康、暮らしの豊かさの創造に対して貢献できるよう取り組んでまいります。

皆様が本学看護学科で多くの人たちと出会い、様々な経験を通して「看護学」を学ぶ魅力、楽しさを実感してくださることを心より願っております。

学べる学問

総合教育科目(英語・中国語・韓国語・文学教育学・文化人類学・情報リテラシー・公衆衛生学・哲学・ボランティア学・生命倫理学等) 専門基礎科目(人体の構造・機能 現代医療論・精神保健学・リハビリテーション概論・疫学・保健統計学・臨床栄養学) 専門科目(看護学全般)総合科目(在宅看護概論、方法論・家族看護学・異文化看護論・国際医療と看護・災害看護・感染看護等)

取得可能資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(履修者)
  • 助産師学校受験資格
  • 養護教諭二種免許 ※
  • 第一種衛生管理者免許 ※

※保健師免許取得後に申請可能。

想定される進路

ふれあいグループ各施設・病院・診療所・保健所・市区町村・事業所・介護保健施設・社会福祉施設・訪問看護ステーション など

学費について

学費についてはこちらをご覧ください。

大学教員一覧

学科長

  • 川本 利恵子

教授

准教授

講師

助教

助手

研究活動・教育活動の紹介はこちら

在校生の声

看護学科の先輩の声を紹介しています。

こちらをご覧ください。

資料請求はこちら