スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

医薬品情報解析学研究室を担当しています。医薬品情報、特にがん薬物療法に関する研究を行っています。「医者の薬も匙加減」と言う格言があります。ほんの少しの薬の飲む量の違いによって、薬の効果の現れ方が大きく違ってくるので、昔、それを使い分けられるのが「名医」とされました。また、薬の効く人と効かない人がいます。そして、昔から鉄剤とお茶を同時に飲んではいけないと言われていました。どうしてでしょうか? 薬の評価を適切に行い、副作用を回避するための的確な測定が必須です。皆さんの志を飛躍的に伸ばせる環境がありますので是非門を叩いてください。お待ちしております。

氏名 加藤 裕久
フリガナ(ローマ字) カトウ ヤスヒサ(KATO YASUHISA)
職名 教授
学位 博士(薬学)
担当授業科目 医薬品情報学
専門分野 がん医薬品情報学
現在の研究テーマ がん治療レジメンの適正使用への取り組み
研究内容キーワード がん薬物療法、レジメン管理、医薬品情報アプリ
主な著書・学術論文 主な著書
医薬品情報学 第5版補訂版.山崎幹夫監修,(分担執筆)加藤裕久,東京大学出版,2021年
今日の治療薬 2011-2021.(分担執筆 抗悪性腫瘍薬)加藤裕久,南江堂
抗悪性腫瘍剤の院内取扱い指針-抗がん薬調製マニュアル 第4版.遠藤一司,加藤裕久,濱 敏弘,中山季昭,米村雅人編,(分担)加藤裕久,じほう,2019年
改訂第6版 がん化学療法レジメンハンドブック.遠藤一司,加藤裕芳,松井礼子編,(分担執筆)加藤裕久,羊土社,2019年
臨床腫瘍薬学.日本臨床腫瘍薬学会編,(分担執筆)加藤裕久,じほう,2019年
主な学術論文
Effectiveness of a Smartphone Application as a Support Tool for Patients Undergoing Breast Cancer Chemotherapy: A Randomized Controlled Trial.Handa S, Okuyama H, Yamamoto H, Nakamura S, Kato Y.Clin Breast Cancer. 2020 Jun;20(3):201-208. doi: 10.1016/j.clbc.2020.01.004.
Oxaliplatin induces prostaglandin E2 release in vascular endothelial cells. Matsunuma S, Handa S, Kamei D, Yamamoto H, Okuyama K, Kato Y. Cancer Chemother Pharmacol, 84(2), 345-350, 2019
QOL Evaluation of Nab-Paclitaxel and Docetaxel for Early Breast Cancer. Okuyama H, Nakamura S, Akashi-Tanaka S, Sawada T, Kuwayama T, Handa S, Kato Y. Eur J Breast Health, 14(4), 194-198, 2018
A questionnaire survey of pharmacists regarding the clinical practice guidelines for the appropriate use of granulocyte-colony stimulating factors. Sasaki T, Kato Y, Sato A, Usui N, Baba E, Takano T, Susumu N, Ohnishi K, Nishimoto H, Kiura K. J Pharm Health Care Sci. 2018 Jan 17;4:2. doi: 10.1186/s40780-018-0098-y. eCollection 2018.
Pharmacist-led intervention in the multidisciplinary team approach optimizes heart failure medication. Suzuki M, Matsue Y, Izumi S, Kimura A, Hashimoto T, Otomo K, Saito H, Suzuki M, Kato Y, Funakoshi R. Heart Vessels, 33(6), 615-622, 2018