スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

【真のスペシャリストを養成】私は大学院修了後、製薬企業に研究者として就職しました。企業では、医薬品が精巧かつ厳密な管理下で供給されていることを体感しました。その後、大学教員となり、天然物 (植物などの薬効成分) の教育と研究に従事しています。天然物の魅力は、特異な化学構造と顕著な薬効にあります。アニメなどで薬草を扱うシーンがあると、親近感を覚えますね。薬学を進めていくと、多くの医薬品の本体である“化合物”に関する科学、生命科学や医療などに関する広範な知識を学んでいて、たった一つの医薬品でも多面的な議論が可能であることに気付きます。つまり薬学部では“薬の真のスペシャリスト”を養成しているのです。是非、共に学びましょう!

氏名 片川 和明
フリガナ(ローマ字) カタカワ カズアキ (Kazuaki Katakawa)
職名 准教授
学位 博士(薬学)
担当授業科目 天然薬物学、天然薬物学実習、日本薬局方
専門分野 天然物化学、生薬学、有機合成化学、医薬化学
現在の研究テーマ 生理活性複素環式天然有機化合物の探索および合成と応用
研究内容キーワード 精密構造解析、全合成、構造活性相関、アルカロイド、クロメン、ベンザイン
主な著書・学術論文 著書
現場で役に立つ!臨床医薬品化学, 臨床医薬品化学研究会編 (共著), 化学同人, 2021.
Cycloaddition Reactions, Margetic, D. ed. (共著), Nova, New York, 2019.
アルカロイドの科学, 高山 廣光 編 (共著), 化学同人, 2017.
論文
Total Synthesis of (±)-4-deocyblenolide C via spirochromanone, Kumamoto, T, Hasegawa, S, Adachi, K, Katakawa, K. Heterocycles in press. DOI: 10.3987/COM-20-S(K)60
Unveiling Two Consecutive Hydroxylations: Mechanisms of Aromatic Hydroxylations Catalyzed by Flavin‐Dependent Monooxygenases for the Biosynthesis of Actinorhodin and Related Antibiotics, Hashimoto, M., Taguchi, T., Ishikawa, K., Mori, R., Hotta, A., Watari, S., Katakawa, K., Kumamoto, T., Okamoto, S., Ichinose, K. ChemBioChem 21(5), 623-627 (2020).
Chemistry of Anti-Hiv Active Trimeric Pyranonaphthoquinone Conocurvone: Synthetic Studies towards Monomeric Teretifolione B and Related Compounds, Kumamoto, T. and Katakawa, K. Heterocycles 100(2), 177-193 (2019).
Design, synthesis, and evaluation of polyamine-memantine hybrids as NMDA channel blockers, Kumamoto, T., Nakajima, M., Uga, R., Ihayazaka, N., Kashihara, H., Katakawa, K., Ishikawa, T., Saiki, R., Nishimura, K., Igarashi, K. Bioorg. Med. Chem. 26(3), 603-608 (2018).
Asymmetric total syntheses of teretifolione B and methylteretifolione B via Diels-Alder reaction of optically active pyranobenzyne and substituted furans, Katakawa, K., Kainuma, M., Suzuki, K., Tanaka, S., Kumamoto, T. Tetrahedron 73(34), 5063-5071 (2017).
Ten new fawcettimine-related alkaloids from three species of Lycopodium, Katakawa, K., Mito, H., Kogure, N., Kitajima, M., Wongseripipatana, S., Arisawa, M., Takayama, H. Tetrahedron 67(35), 6561-6567 (2011).
A New Lycopodium Alkaloid, Lycoposerramine-R, with a Novel Skeleton and Three New Fawcettimine-Related Alkaloids from Lycopodium serratum, Katakawa, K., Kogure, N., Kitajima, M., Takayama, H. Helvetica Chimica Acta 92(3), 445-452 (2009).