スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

「コロナの時代に、私たちができることって何だろう」。そんなふうに皆さんは思っているのではないでしょうか。家族や友人が病に悩んでいたら、少しでも楽にしてあげることができないか、誰もが考えています。そんな貴方、私たちと一緒に薬学を学びませんか?医療に携わる技能を習得することは、私たちを取り巻く社会の人たちの健康を支えることに繋がります。「くすり」をつくり(創薬)、病を治し(薬物治療)、より高い効果を上げる工夫をする(薬剤学)、そして一人ひとりに最適な治療を考える(臨床薬学)、それが薬剤師です。一方で、人体には薬物や毒物を排除する防御システムがあります。人体の不思議についても、一緒に研究していきましょう。

氏名 佐野和美
フリガナ(ローマ字) サノ カズミ (Kazumi Sano)
職名 准教授
学位 薬学博士
担当授業科目 早期臨床体験実習、薬剤学Ⅰ、Ⅱ、薬物動態学Ⅰ、Ⅱ、腫瘍生物学
専門分野 薬物代謝、分子標的薬の体内動態
現在の研究テーマ 非小細胞肺がん患者における分子標的薬による副作用回避の検討
研究内容キーワード EGFR-TKI, afatinib, minocycline, NSCLC, skin disorder
主な著書・学術論文

Minocycline prevents and repairs the skin disorder associated with afatinib, one of the epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors for non-small cell lung cancer

Sano, Kazumi; Nakadate, Kazuhiko; Hanada, Kazuhiko.BMC Cancer; London 巻 20, (2020): 1-9.

Phase I/II Study of Erlotinib to Determine the Optimal Dose in Patients With Non‐Small Cell Lung Cancer Harboring Only EGFR Mutations

Takeda, Yuichiro; Ishizuka, Naoki; Sano, Kazumi; Hirano, Satoshi; Suzuki, Manabu; Go Naka and Haruhito Sugiyama,.Clinical and Translational Science; Hoboken 巻 13, 号 6, (Nov 2020): 1150-1160.

Pharmacokinetics of Isoniazid-induced Rhabdomyolysis in a Girl : Kurane K, Goto M, Sano K, Noguchi K, Tamura D, Yamagata T, Intern Med. 57, 3501-3502 (2018)
Investigation of Bioequivalence Between Brand-name and Generic Irinotecan Products : Saito K, Inoue Y, Ikegami Y, Nanbo I, Onozuka M, Sano K, Yoshida H, Sakamoto T, Tatebayashi E, Fujita K, Sasaki Y and Kitazawa T, Anticancer Res., 36, 5957-63 (2016)
Pharmacokinetic parameters of gefitinib predict efficacy and toxicity in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring EGFR mutations., Mizoguchi K, Nakamura Y, Sano K, Sato S, Ikegami Y, Motoshima K, Takemoto S, Ogawara D, Senju H, Sugasaki N, Ikeda T, Yamaguchi H, Nakatomi K, Fukuda M, Izumikawa K, Mukae H., Cancer Chemother Pharmacol., 78, 377-82 (2016)
抗ウイルス薬の体内動態と薬力学, 佐野和美, 小児内科 47(4), 498-506 (2015)
病気と薬物療法 呼吸器疾患/免疫疾患,幸田幸一郎監修, pp. 2-31, オーム社