スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

薬学の領域を広く知ることができる英文を題材に、専門的な語彙を習得しながら、薬学関連分野の英文記事に慣れ親しむことから6年間の「英語カリキュラム」が始まります。1年次で専門性の高い記事を理解できる英語力の習得を目指します。

氏名 須田篤也
フリガナ(ローマ字) スダ アツヤ(Atsuya SUDA)
職名 准教授
学位 博士(文学)
担当授業科目 総合英語ⅠA、総合英語ⅠB、総合英語ⅡA、総合英語ⅡB、総合英語Ⅲ、英会話A、英会話B、科学英語
専門分野 英米・英語圏文学、外国語教育
現在の研究テーマ エリザベス朝演劇、英語教育
研究内容キーワード エリザベス朝演劇、大学才人、ジョン・リリー、英語教育
主な著書・学術論文

主な論文

「相違する理想的統治者像―ジョン・リリー『キャンパスピ』と『サッフォーとファオ』考察」『英米文学に描かれた時代と社会』悠光堂、2017年

「“パンチ”とは何か―パンチとジュディの人形劇に関する考察」『英米文学に診る仮想と現実』彩流社、2014年
「女王(女性)を女王(統治者)として位置づける―女王賛美の作品としての『ガラテア』読解」『文学の万華鏡』れんが書房新社、2010年
「『ガラテア』とエリザベス女王―ジョン・リリーのロマンティック喜劇が描く現実世界」『英文学のディスコース』北星堂書店、2004年
「Different Images of Queen Elizabeth in Campaspe and Sapho and Phao」『Chiba Review 21/22』千葉大学英文学会、2001年
「The Formation and Cultural Contexts of Tudor Modernism」千葉大学社会文化科学研究第4号、2000年

主な著書

『イギリス文学を旅する60章』(共著)明石書店、2018年
『イギリスの歴史を知るための50章』(共著)明石書店、2016年
『イギリス文化事典』(共著)丸善出版、2014年
『イギリス検定』(共著)南雲堂フェニックス、2010年
『SLIGHTLY OUT OF FOCUS―キャパが見た激動の20世紀』(共著)南雲堂フェニックス、2006年