スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

私が薬学の道を目指した理由は、薬の専門家となることで多くの人の役に立てると思ったからです。現代社会で薬は身近で欠かせないものです。薬に関わることで、幅広い分野に貢献できると考えました。大学院を修了後、患者さまの入院から退院まで、じっくり向き合いたいという思いから、病院薬剤師になりました。病院薬剤師の仕事の魅力の一つはチーム医療です。患者さまを中心としてさまざまな医療従事者たちと共に一つのゴールを目指すことは、非常にやりがいがあります。教育現場に戻ってからの今後の夢は、人の役に立ちたいと考えている学生の皆さまを立派な薬剤師に育てることです。湘南医療大学で一緒に学びましょう!

氏名 須藤遥
フリガナ(ローマ字) スドウ ハルカ(SUDO HARUKA)
職名 助教
学位 博士(薬科学)
担当授業科目 生物学入門、生物系基礎科学、生化学Ⅰ、生化学Ⅱ、生化学Ⅲ、生化学Ⅳ、医療薬学チュートリアル演習Ⅰ、チーム医療論、早期臨床体験実習、生物系実習、生化学実習
専門分野 生化学、分子生物学
現在の研究テーマ ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)関連疾患の発症メカニズムに関する研究
研究内容キーワード HTLV-1、成人T細胞白血病(ATL)
主な著書・学術論文

Nobuhiro Hiraishi, Yo-ichi Ishida, Haruka Sudo, Masami Nagahama:

WDR74 participates in an early cleavage of the pre-rRNA processing pathway in cooperation with the nucleolar AAA-ATPase NVL2,

Biochemical and Biophysical Research Communications 495(1)116-123, 2018

Haruka Sudo, Aya Nozaki, Hideaki Uno, Yo-ichi Ishida, Masami Nagahama:

Interaction properties of human TRAMP-like proteins and their role in pre-rRNA 5' ETS turnover,

FEBS LETTERS 590(17)2963-2972, 2016

Yuki Yoshikatsu, Yo-ichi Ishida, Haruka Sudo, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji, Masami Nagahama:

NVL2, a nucleolar AAA-ATPase, is associated with the nuclear exosome and is involved in pre-rRNA processing,

BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 464(3)780-786, 2015