スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)

氏名 森尾 裕志
フリガナ(ローマ字) モリオ ユウジ (Yuji Morio)
職名 教授
学位 修士(リハビリテーション)、博士(リハビリテーション科学)
担当授業科目 運動生理学、呼吸・循環系理学療法学、代謝系理学療法学、老年期理学療法学、理学療法特論 I、クリニカルリーズニング論、呼吸循環機能学特論(大学院)、心身機能回復特別研究(大学院)
専門分野 呼吸循環系理学療法、老年期理学療法
現在の研究テーマ 虚弱高齢者の身体運動機能と日常生活動作との関連
研究内容キーワード 高齢者、呼吸循環機能、身体運動機能、歩行能力
主な著書・学術論文 原著
Morio Y, Izawa KP, et al.: The Relationship between Walking Speed and Step Length in Older Aged Patients. Diseases 2019
森尾裕志, 井澤和大, 他: 高齢心疾患患者の再入院に関わる身体運動機能について. 専門リハビリテーション 2019; 18: 19-24
森尾裕志, 大森圭貢, 他: 高齢入院患者におけるペットボトルの開栓に必要な握力. 専門リハビリテーション 2018; 17: 30-35
著書(分担)
森尾裕志, 他: HAMの診察に関する Q&A Q7 HAM患者に運動療法(リハビリテーション)を行うべきか, HTLV-1関連脊髄症(HAM)診療ガイドライン2019 (山野嘉久), 南江堂, 93-94, 2019
森尾裕志: 付章 症例報告のサンプルとヒント, 心筋梗塞後の症例, イラストでわかる内部障害(上杉雅之), 医歯薬出版, 324-329, 2020
総説
井澤和大, 平野康之, 森尾裕志, 他: 地域在住高齢循環器疾患患者における身体機能および身体活動と機能的予後. 地域ケアリング, 68-70, 2019
井澤和大, 平野康之, 森尾裕志, 他: 循環器疾患患者におけるフレイルと身体活動. BIO Clinica, 80-81, 2019
Izawa H, (共著者14人省略), Morio Y, et al: Standard Cardiac Rehabilitation Program for Heart Failure. Circulation Journal 83, 2019
学会発表
Morio Y, Omori Y, et al: Effect of changing obstacle height and pace on toe clearance in healthy young males performing an obstacle-stepping task, World Confederation for Physical Therapy Congress 2019年5月, Geneva
Omori Y, Morio Y, et al: Physical aptitude for employment in community-dwelling elderly people with mild cognitive impairment, The 11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/ Oceania Regional Congress 2019年10月, Taipei