スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)

氏名 増田 雄亮
フリガナ(ローマ字) マスダ ユウスケ(MASUDA Yusuke)
職名 講師
学位 博士(リハビリテーション科学)
担当授業科目 身体障害作業療法学Ⅲ,運動学演習
専門分野 身体障害作業療法学(神経系)
現在の研究テーマ 神経科学・行動科学を基盤とした上肢・ADL障害に対するリハビリテーション
リハビリテーション医療における意思決定・目標設定に関する研究
研究内容キーワード 運動学習,運動制御,行動変容,上肢機能,視知覚,ICT,生活支援機器,回復期リハビリテーション,医療コミュニケーション,クライエント中心
主な著書・学術論文 原著論文
増田雄亮,八重田淳:「回復期リハビリテーション病棟における作業療法士のEvidence-Based Practiceに対する意識度質問票」の開発と信頼性・妥当性の検討,作業療法,36(5),pp.483-490,2017.
増田雄亮,補永薫,松永玄,他:通所リハビリテーションにおいて修正CI療法を実施した一事例,作業療法,36(6),pp.626-633,2017.
増田雄亮,補永薫,伊藤麻起子,他:回復期脳卒中片麻痺患者に対する修正CI療法の実践報告,総合リハビリテーション,46(8),pp.759-765,2018.
増田雄亮,八重田淳,坂田祥子,他:Evidence-Based Practiceに関連する諸要因~回復期リハビリテーション病棟における作業療法士への意識調査~,作業療法,37(5),pp.499-507,2018.
増田雄亮,補永薫,伊藤麻起子,他:IVES併用下で修正CI療法を実施した回復期脳卒中患者の上肢麻痺に対する介入効果,総合リハビリテーション47(4),pp.365-372, 2019.
相羽大輔,奈良里紗,増田雄亮,他:見えにくさを補う手段の違いが弱視学生支援に対する健常学生の態度に及ぼす効果,障害科学研究43,pp.47-58,2019.
太田健一,大脇還,増田雄亮:主観的評価指標を用いた訪問リハビリテーション効果の検討~利用開始から6ヵ月以上経過した利用者を対象として~,訪問リハビリテーション9(4),pp.338-341,2019.
相羽大輔,増田雄亮,尾原健太,他:視覚障害教育におけるソーシャルスキルアセスメントツール(試案)作成の試み,愛知教育大学紀要16,pp.75-83,2020.
学会発表
Masuda Y, Yaeda J: Attitudes Research toward Persons with Disabilities in Japanese Rehabilitation, 35th Pacific Rim International Conference on Disability & Diversity, Hawaii), 3, 2020.
Masuda Y, Yaeda J, Aida T: Factors promoting evidence-based practice for occupational therapists -An international literature review-, The 54th Japanese Occupational Therapy Congress & Expo, Niigata, 9, 2020.