スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

人類の歴史は、薬の歴史ともいえる。1950年代中頃、中期旧石器時代の遺跡からネアンデルタール人による葬送の儀式の証拠が発見された。その亡骸の傍には花が手向けられた痕跡があったという。そして、2017年、スペインで発見されたネアンデルタール人の歯石からは、鎮痛作用や抗菌作用を持つ成分を含む植物のDNAが検出されている。病に立ち向かい大切な人の死を悼むという営みは、現代においても何ら変わっていない。薬学は、数十万年におよぶ人類の営みの集大成である。未来ある若者に向けて――新たな薬を探し求め、それらを必要とする人々のもとに届ける心と技を共に学ぼう。湘南医療大学薬学部の門は、君達に向けて開かれている。

氏名 殿山 泰弘
フリガナ(ローマ字) TONOYAMA YASUHIRO
職名 講師
学位 博士(薬学)
担当授業科目 生物系実習、生化学実習、微生物学実習、早期臨床体験実習、後期臨床体験実習、医療薬学チュートリアル演習I、チーム医療論、薬局実務実習、薬学総合プレ研究、卒業研究I(課題解決型薬学研究・基礎と応用)、卒業研究II(課題解決型薬学研究・発展)、総合演習I
専門分野 細胞生物学、生化学、発生生物学、機能ゲノミクス
現在の研究テーマ ヒト白血病ウイルス (HTLV-1) によって生じる疾患の分子細胞生物学的研究
メダカを用いた疾患モデル作成と創薬スクリーニング
器官形成に関わる機能未知遺伝子の探索とその機能解析
研究内容キーワード HTLV-1、成人T細胞白血病 (ATL)、メダカ、器官形成、機能未知遺伝子、疾患モデル
主な著書・学術論文 (著書)
バイオテクノロジー入門(共著)、(株)建帛社、2016
日本糖鎖科学統合データベース(http://jcggdb.jp)(共著), 2014
Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols., Wiley-Blackwell
Masato Kinoshita, Kenji Murata, Kiyoshi Naruse, and Minoru Tanaka Eds.(共著), 2012
(学術論文)
Tonoyama Y, Tsukada M, Imai Y, Sanada M, Aota S, Oka G, et al.
"Establishment of a quantitative in vivo method for estimating adipose tissue volumes and the effects of dietary soy sauce oil on adipogenesis in medaka, Oryzias latipes", PLOS ONE, 2018, 13(10): e0205888
Tonoyama Y, Shinya M, Toyoda A, Kitano T, Oga A, et al.
"Abnormal nuclear morphology is independent of longevity in a zmpste24-deficient fish model of Hutchinson-Gilford progeria syndrome (HGPS)", Comparative Biochemistry and Physiology, Part C, 2018, 209, pp. 54-62
Sugiura S, Tonoyama Y, Kawachi H, Tsukada M, Oka G, Imai Y, Sanada M, Shimizu Y, Kawase T, Hori N, Shimizu N.
"Effects of dietary soy sauce oil supplementation on growth performance and sensory characteristics of Biwa salmon Oncorhynchus masou rhodurus", Aquaculture Science,63(3), 2015, pp.291-297
Nishi M, Jian N, Yamamoto K, Seto H, Nishida Y, Tonoyama Y, Shimizu N, Nishi Y.
“Ligation-based assembly for constructing mouse synthetic scFv libraries by chain shuffling with in vivo-amplified VH and VL fragment”, J Immunol Meth. 2014; 412: 53-69.
Morise J, Kizuka Y, Yabuno K, Tonoyama Y, Hashii N, Kawasaki N, Manya H, Miyagoe-Suzuki Y, Takeda S, Endo T, Maeda N, Takematsu H, Oka S.
“Structural and biochemical characterization of O-mannose-linked HNK-1 glycan expressed on phosphacan in developing mouse brains”, Glycobiology. 2014 Mar;24(3):314–24.
貴田亨、石川智子、清水厚志、亀井保博、殿山泰弘、藤堂剛、三輪正直、清水信義
TILLING法による遺伝子変異メダカの作製
比較内分泌学会誌, 36(137),pp. 154-158、2010
Anzai D, Tonoyama Y, Ikeda A, Kawasaki T, Oka S.
“Regulated expression of the HNK-1 carbohydrate is essential for medaka (Oryzias latipes) embryogenesis”,
Glycobiology. 2009 Aug;19(8):868-78.
Tonoyama Y, Anzai D, Ikeda A, Kakuda S, Kinoshita M, Kawasaki T, Oka S.
“Essential role of beta-1,4-galactosyltransferase 2 during medaka (Oryzias latipes) gastrulation,” Mech Dev. 2009 Jul;126(7):580-94.