スマホ向け表示
学部・学科・専攻

教員紹介(薬学部 医療薬学科)

[写真]

薬剤師って何?」これは、高校生の時の私です。何故、薬学を学ぼうと考えたか?当時、一番好きな化学が薬という形で人の役に立つことが出来るのではないか?と考え、進路に薬学を選びました。薬は化学物質なので、薬学では有機化学・医薬品化学・天然物化学等の多くの化学を学びます。さらに、生命現象を化学的に研究する生化学や、分析化学・物理化学・衛生化学等の幅広い化学も学びます。つまり、「薬剤師は医療に携わる化学者(薬学者)」です。そのため、多様な化学、教養、医療を学ぶ薬学者には色々な未来があります。調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬企業、保健所、麻薬取締官、科捜研、研究者、大学教員…。あなたの目指す未来はどれですか??

氏名 中楯 奨
フリガナ(ローマ字) ナカダテ ショウ(NAKADATE SHOU)
職名 講師
学位 博士(薬学)
担当授業科目 化学系基礎科学、化学系実習、有機化学実習、薬学総合プレ研究、卒業研究Ⅰ、総合演習Ⅰ、早期臨床体験実習
専門分野 医薬品化学、天然物化学
現在の研究テーマ 生理活性天然物を基盤とした新規鎮痛薬の開発研究
真菌の代謝産物の研究
薬用植物の代謝産物・栽培に関する研究
研究内容キーワード 鎮痛薬、不斉合成、真菌二次代謝産物、薬用植物
主な著書・学術論文 伊藤徳家、栁沼藍、中楯奨:筒栽培カンゾウのストロンの特性, 生薬学雑誌, 72, 2, p87-89, 2018
伊藤徳家、国分歩、斎藤優希、浅倉聖岳、中楯奨:放射能災害被災地での人工気象室利用カンゾウ筒栽培の試み(1), 薬用植物研究, 39, 2, p44-48,?2017
Nakadate S, Nozawa K, Yaguchi T:Two new eujindoles, from Eupenicillium javanicum, Heterocycles, 83, 8, p1867-1871, 2011
Nakadate S, Nozawa K, Yaguchi T:An Antifungal Substance isolated from Eupenicillium javanicum IFM 58214, Mycotoxins, 61, 2, p41-45, 2011
Nakadate S, Nozawa K, Horie H, Fujii Y, Yaguchi T:New type indole diterpene, eujindoles, from Eupenicillium javanicum, Heterocycles, 83, 2, p351-356, 2011